BRAND STORY

BRAND CONCEPT
これからの暮らし、これからの家具
KARIMOKU NEW STANDARDは、
木製家具メーカーとして70余年の歴史を誇るカリモクが2009年にスタートしたブランドです。
カリモクがモットーとする“テクノロジーと職人の技の融合”。
ここに、国内外の才能溢れる若手デザイナーたちのアイデアが加わり、
KARIMOKU NEW STANDARDは生まれました。
KARIMOKU NEW STANDARDのコレクションは、長く使える品質の良さと、
楽しく機能面も十分に考えられたデザインが特徴です。
また、材料には国内の広葉樹(カエデ、クリ、ナラなど)を使用。
これまで主に紙パルプ原料のチップになるなど、
本来持っている価値に比べてあまり有効な利用がされてこなかった国内の広葉樹という素材に着目しました。
森林保全や林業地域の活性化など日本の森が抱える問題のために、
木製家具メーカーとして何ができるか? をテーマのひとつとして掲げてきたカリモクは、
KARIMOKU NEW STANDARDを通して、
木材の価値の再発見、サスティナブルな活用を進めています。
KARIMOKU NEW STANDARDが提案するプロダクト。
生まれは日本ですが、国や文化を超え、
さまざまな場所で営まれる多様な暮らしに寄り添い、
生活を豊かにする道具でありたいと考えます。
KARIMOKU NEW STANDARDは、木製家具メーカーとして70余年の歴史を誇るカリモクが2009年にスタートしたブランドです。カリモクがモットーとする“テクノロジーと職人の技の融合”。ここに、国内外の才能溢れる若手デザイナーたちのアイデアが加わり、KARIMOKU NEW STANDARDは生まれました。
KARIMOKU NEW STANDARDのコレクションは、 長く使える品質の良さと、 楽しく機能面も十分に考えられたデザインが特徴です。 また、材料には国内の広葉樹(カエデ、クリ、ナラなど)を使用。これまで主に紙パルプ原料のチップになるなど、本来持っている価値に比べてあまり有効な利用がされてこなかった国内の広葉樹という素材に着目しました。
森林保全や林業地域の活性化など日本の森が抱える問題のために、木製家具メーカーとして何ができるか?をテーマのひとつとして掲げてきたカリモクは、KARIMOKU NEW STANDARDを通して、木材の価値の再発見、サスティナブルな活用を進めています。
KARIMOKU NEW STANDARDが提案するプロダクト。
生まれは日本ですが、国や文化を超え、さまざまな場所で営まれる多様な暮らしに寄り添い、生活を豊かにする道具でありたいと考えます。
BRAND HISTORY
2016 MAR 2016年3月時点で、KARIMOKU NEW STANDARDのアイテムは、22か国・約127店にてワールドワイドに販売中です。
WOOD FURNITURE JAPAN AWARD 2016にて、COLOUR WOODが 「HARDWOOD賞」を受賞。
JAN ドイツ・ケルンのIMM国際家具見本市に2年連続出展。
2015 DEC JAPAN WOOD DESIGN AWARD 2015にて、COLOUR WOODが 「HEARTFUL DESIGN賞」を受賞。
NOV IFFT / Interior Lifestyle Living の展示にて、 SCOUT CHAIRが「Best Buyer's Choice 2015」を受賞。
OCT 代官山の「T-site Garden Gallery」にて、KARIMOKU NEW STANDARD exhibition in collaboration with TANKを開催。
柔軟な発想で空間作りに新しい風を吹き込む設計・施工会社「TANK」による展示演出。
APR ブレラ地区のアパートメント(ミラノ)にて、ミラノデザインウイーク2015に参加。
フォトグラファーの木寺紀雄とのコラボレーション写真展示を実施。
JAN ドイツ・ケルンのIMM国際家具見本市に初出展。
2014 SEP 目黒のプレスオフィス「Dailypress」にて、KARIMOKU NEW STANDARD office展を開催。
ベルギー・コルトライクで行われたビエンナーレ2014に招待出展、同国初の見本市出展。
CASTOR CHAIRが、グッドデザイン賞を受賞。
JUN キャストールシリーズがスイス連邦デザイン賞を受賞。
APR JP home(ミラノ)にて、ミラノデザインウイーク2014参加。フードアーティストのアラベスキ・ディ・ラッテとのコラボレーション「キッチンライブラリー 02」を実施。
JAN メゾン・エ・オブジェ(パリ)のnow! design a vivre(ホール8)に2年連続出展。
2013 OCT ロスアンゼルスで開催された WestEdge Design Fair にて、KARIMOKU NEW STANDARDブランドがニューヨークのメトロポリス誌による ‘MetropolisLikes’ 賞を受賞。
SEP ロンドンデザインフェスティバル期間中に、ヴィクトリア・アンド・アルバード博物館でのSCHOLTEN & BAIJINGSによるインスタレーション "The Dinner Party" 展に参加。
シカゴ美術館にて、SCHOLTEN & BAIJINGSによる "Color Installation" 展に参加。
SCHOLTEN & BAIJINGSが手がけたKARIMOKU NEW STANDARDのアイテムが、シカゴ美術館のパーマネントコレクションに加わる。
APR ミラノデザインウィーク 2013 にて、SPAZIO ROSANNA ORLANDI(ミラノ)で、サードコレクションを発表。 フードアーティストのアラベスキ・ディ・ラッテとのコラボレーションが再び実現。
MAR David Glaettliが、新しいクリエイティブディレクターに就任。
JAN メゾン・エ・オブジェ(パリ)の now! design a vivre(ホール 8)に出展。
オランダの Cuypershuis Roermond 博物館で開催された、SCHOLTEN & BAIJINGSのHarrie Tillie 賞ノミネート記念展示に参加。
2012 OCT 表参道の EYE OF GYRE ギャラリーにて "Scenes" 展を開催。
CASTOR CHAIRが、iFプロダクトデザイン賞 2012 を受賞。
MAY COLOUR WOOD、PILE、SIGNS、STOOLSが、パリのフランス国立造形センター(CNAP)のパーマネントコレクションに加わる。
APR ミラノデザインウィーク2012にて、Erastudio Apartment Gallery(ミラノ)でサードコレクションを発表。フードアーティストのアラベスキ・ディ・ラッテとのコラボレーションが実現した。
イタリアの建築デザイン誌DOMUSによる "Best of Salone 2012" に選ばれる。
2011 JUL TAF、THOMAS ALONSO、LUCIEN GUMYが、KARIMOKU NEW STANDARDプロジェクトに参加。
JUN パリのTREND UNION代表リー・エデルコート女史の招きによりパリ・エーデルコートギャラリーとして初の外部を招いたエキシビジョンとなる、写真家鈴木心とのコラボレーション "A Day" 巡回展が実現。
MAY ステデライク美術館スヘルトヘンボス(オランダ)にて行われたSCHOLTEN & BAIJINGSの個展 "Blush; design in full colour" 展に参加。
APR ミラノデザインウィーク2011にて、Galleria Suzy Shammah(ミラノ)でセカンドコレクション発表。写真家である鈴木心とのコラボレーション "A Day" 展を開催。
2010 NOV 上海 International Home Decor & Design(中国)に出展。
HOMERUN が、SYLVAIN WILLENZの他のデザインと共にベルギーのグラン・オルニュ美術館での "belgium is design"展に展示される。
COLOUR WOOD、TORII、RENが iF プロダクトデザイン賞 2011 を受賞。
SEP ソウルデザインフェア(韓国)にて招待展示。
農林水産省「消費者の部屋」での国産材活用についての特別展示に参加。
COLOUR WOODが、Dutch Design Award 2010(オランダ)にノミネートされる。
APR ミラノデザインウィーク 2010 にて、Galleria Suzy Shammah(ミラノ)で最初のコレクションを発表。
JAN SIGNSが、Wallpaper* Design Awards 2010 「今年のコートハンガー賞」を受賞。
2009 OCT 100% Design Tokyo 2009 にて、初期のプロトタイプ展示。三冠に輝く。
- 100% Design Tokyo 2009 Grand Award
- ELLE DECO Award
- NIKKEI DESIGN Award
JUL SCHOLTEN & BAIJINGS、BIG-GAME、SYLVAIN WILLENZがKARIMOKU NEW STANDARDプロジェクトにデザイナーとして参加。
JUN カリモク家具とクリエイティブディレクター柳原照弘により、プロジェクトスタート。

PAGETOP