DAVID GLAETTLI

ダヴィッド・グレットリ / 日本

1977年生まれ、スイス・チューリッヒ出身。 アート、コミュニケーション及び日本語を分野横断的に学んだ後、イタリア・ミラノとスイス・ローザンヌにてインダストリアルデザインを専攻し、ECAL(ローザンヌ美術大学)を卒業。チューリッヒにて、プロダクトデザインとインテリアコーディネートの分野において様々なプロジェクトに従事し、2008年に日本へ移住。 その後、大阪でアソシエイトデザイナー兼デザインディレクターとして柳原照弘主催のデザインスタジオに参加。日本及び海外のクライアントのために、プロダクトデザインから展示会デザイン、ブランディングに至る幅広いプロジェクトを多数手がける。2013年より独立、チューリッヒと彼のスタジオ兼自宅がある京都を行き来しつつ、国際的なデザイナーやブランド、また日本のメーカーと共にアートディレクター、デザイナー、デザインコンサルタントとして活動し、日欧間の橋渡しをしている。2013年3月以降、Karimoku New Standardの新しいクリエイティブディレクターとしてブランドのディレクションに携わる。

SITE

PAGETOP